公正なゲノム情報利活用のELSIラグ解消のための遺伝子差別に対する法整備モデル策定・ELSI教育の普及・根源的価値対立の言説化と政策提言グループ

グループリーダー/研究代表

瀬戸山 晃一 京都府立医科大学 医学部医学科 医学生命倫理学(人文・社会科学教室)・教授

 研究代表者による本グループでは、遺伝子格差や差別の是正・ゲノム技術への法政策・根源的価値対立の言説化と政策提言を行います。
 またプロジェクト全体の研究デザインと統括、ホームページの維持管理やグループ相互の有機的関係のマネジメントを行います。
 取り組み課題としては、他のグループに共通する根源的な課題に学際的に考察を加え、既存の考察枠組みや方法論の限界を同定し、革新的な政策形成への共創的創出を担います。
 また直接雇用で若手研究員を雇用し、将来この分野を担う人材育成を行います。

メンバー

グループリーダー 京都府立医科大学医学部医学科 医学生命倫理学(人文・社会科学教室)・教授

瀬戸山 晃一

 
東京大学医科学研究所公共政策研究分野・教授

武藤 香織

 
立命館大学産業社会学部・教授

松田 亮三

 
日本医科大学医療管理学・特任教授

松山 琴音

 
同志社大学商学部・教授

瓜生原 葉子

 
愛知学院大学法学部・教授

鈴木 慎太郎

 
京都府立医科大学生命基礎数理学・講師

吉井 健悟

 
京都府立医科大学医学研究科・客員教授/神戸大学 名誉教授

丸山 英二

 
京都府立医科大学医学部医学科 医学生命倫理学(人文・社会科学教室)特別研究補助員/博士研究員

大家 慎也

 
京都府立医科大学医学部医学科 医学生命倫理学(人文・社会科学教室)特別研究補助員

中辻 柚珠